クロウタドリの鳴く春に向けて

雅鳥オカリーナ 2022年2月8日(火)13:15~14:45
※次回は13:30からの開始となります。鳥取市立末恒地区公民館(ホームページ

7名のうち、5名出席でした。

今日練習した曲は、「夕焼小焼」「春の小川」「冬の星座」「星の界」「ペチカ」「みかんの花咲く丘」「かあさんの歌」「たきび」「エーデルワイス」「オーラ・リー」「アメイジング・グレース」「故郷」全12曲でした。

最初の2曲は、なるべく楽譜を見ないで吹いてみましょう。ということで、やりました。星の2曲は、8分音符が急がないように注意してください。ペチカ(ペィチカ)は、北原白秋と山田耕筰の満州での作品で、ロシア式の鍋がかけられるようになった暖炉のこと。ロシア語の発音に近く「ペィチカ」と発音するように指示が書かれている。満州では「くりやーくりやー」と栗を売り歩いたらしい。

みかんの花咲く丘は、高音の練習を中心に。右手をどう支えるか。左手の親指をいかに離さないか。

オーラ・リーは1861年、アメリカが南北戦争(1861-1865)のさなかに作られた曲です。春を告げる鳥として、ブラックバード(クロウタドリ)やツバメなどが歌詞の中に登場します。その後エルビス・プレスリーの「ラブ・ミー・テンダー」として有名になります。

アメイジング・グレースは、イギリスのジョン・ニュートンの作詞した賛美歌です。アメリカ民謡、黒人霊歌としても歌われています。原曲は彼の故郷のスコットランド民謡じゃないかという説もあります。日本では山崎豊子原作のテレビドラマ「白い巨塔」(2003年フジ)で主題歌としてヘイリー・ウェステンラが歌って、有名になりました。同じ年に、日本語の歌詞(岩谷時子作詞)で本田美奈子が歌って、感動を呼び、日本でも愛唱歌の仲間入りをしました。

CDもありました。映像DVDもついて2枚組になっています。

アメイジング・グレイス(CD DVD) [ 本田美奈子. ]

価格:2,200円
(2022/2/8 16:07時点)
感想(29件)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA