かんひざくら咲く

にじいろ3月25日

今日はお一人お休みで5人です。倉吉文化活動センター(リフレプラザ倉吉)の2階音楽室、いつも太鼓がぎっしりの部屋の中が、がらーんとして、中くらいの太鼓がひとつっきり。外は遠くが霞んで見えます。

ソメイヨシノは、まだかたいつぼみだけれど、寒緋桜は各地で咲いているようです。細い枝にうなだれたように咲く五弁の花びらは、紛れもなくサクラの花ですね。菜の花も咲き、先日のヒバリに続き、ツバメの到来、うぐいすも本格的に鳴き始めたりと、鳥や花が春を告げてくれます。鳥取は、本当に自然が豊かでいいところですね。

「さくらさくら」「雨に濡れても」「ブルー・シャトウ」「リラの花咲く頃」「時代」「四季の歌」「見上げてごらん夜の星を」

変更です。「時代」は下から2ページ2段めの終わりから[D]の1小節前に戻ることにしました。

倉吉天女クラリーナ

にじいろさんの、つづきです。こちらも、お一人休みで7人です。

練習が始まる前に、4月の交流会の打ち合わせです。それぞれがいろいろ担当をしてくれています。お世話になります。

「四季の歌」「遠くへ行きたい」「時の流れに身をまかせ」「涙そうそう」「カイト」「あの素晴しい愛をもう一度」「遠い日の歌」

「涙そうそう」は前奏をギターでやります。「カイト」は「あばれカイト」と言っておられました。なかなかいい音です。

F管(ソプラノ)の楽器を選びたいとの要望をいただいていますが、ぜひ、試奏して選んでいただくといいかなと思います。おすすめはテレマン楽器の「オカリナハウス」です。幸い、倉吉からだと車で1時間弱で行くことが可能です。

オカリナハウス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA